軽自動車と普通自動車の違い

軽自動車と普通自動車の違いについて

車体が小さく小回りが効く


軽自動車のメリットの第一と言えば何といってもその車体が小さいことであり、それがゆえに取り回しが非常に良いということです。特に車両感覚を掴むことが苦手なドライバーにとってはありがたい存在ではないでしょうか。一般車と比べて軽自動車は一回り以上車体サイズが小さく設計されています。一方で運転席の高さは一般車とそれほど大きく変わりませんから、イメージとしては運転席に座ると4つの車輪のすべての位置が把握できるという感覚になります。ショッピングセンターの立体駐車場や、大都会の真ん中の路地裏など、現代社会には車の敵とも言うべき隘路がそこかしこに溢れておりますが、軽自動車であればこうした狭い道もすいすいと文字通り縫うように走ることが可能です。この使い勝手の良さは、初心者ドライバーのみならず、車好きのベテランドライバーも認めるところです。確かにボディが大きく安定した走りができ、高出力のエンジンを搭載した車も魅力的ですが、正直、こうした車は取扱いに気を使い、その性能を最大限に発揮できるような道路は本当に限られています。街中ではせっかくの数百馬力を生かす機会はほとんどゼロなのです。しかし軽自動車は違います。運転の楽しさをダイレクトに伝えてくれるのです。軽自動車のボディサイズは非常に魅力的なのです。


コメントを受け付けておりません。