軽自動車と普通自動車の違い

軽自動車と普通自動車の違いについて

車高が高く車両重量が軽いので安定性に欠ける傾向


軽自動車は燃費が良くランニングコストも安くつくので、非常にメリットが多い反面、デメリットもあります。その一つは車高が高く車両重量が軽いので安定性に欠ける傾向にあることです。軽自動車は法令上、ホイールベースやトレッドに制限が課されていて、軽自動車ではない場合に比べてどうしても底面積が低くなってしまいます。そのために必然的に重心が高くなってしまいます。また一般車に比べて車体自体が小さいこともあってその重量は軽くなります。こうした小型性が燃費の良さにもつながっているわけですが、逆に高重心かつ軽量であるためにカーブでのふらつきが目立ったり、高速走行時の横風を受けてのふらつきが多いという欠点があります。特に足回りを中心として各メーカーの技術開発が進んだことで、従来に比べてかなり改善されてきてはいるものの、こうしたスタビリティの低さは軽自動車のメリットとしてはやはり無視できないものです。しかし通常の速度域であれば安全性には何ら問題なく走行できますので、日常の使用においてはまったく問題のないレベルのことに過ぎません。今後なお一層軽自動車の性能の新可児は注目していくべき価値が秘められていると思います。


コメントを受け付けておりません。