軽自動車と普通自動車の違い

軽自動車と普通自動車の違いについて

セカンドカーに軽自動車を購入する例が多い理由


セカンドカーを購入する人は、軽自動車を選ぶことがとても多いです。では、その理由はどのようなものなのでしょうか。
まず、税金のことがあげられます。毎年、自動車は税金を払っていかなければいけません。しかし、軽自動車は普通の自動車に比べると、税金が安くなるのです。そのため、維持費を少しでも減らすために、軽自動車を選ぶことがあります。
また、オイル交換などの修理の時にも、普通の自動車に比べると安くあがるため、維持費自体がとても安くなります。その他、購入する時の値段が比較的安いです。
また、軽自動車は小さめの車であるため、小回りがききやすいということもあります。セカンドとしての車であれば、家族の送り迎えや買い物などが主な利用方法となるため、街乗りがとても多いです。小回りがききやすい車の方が、細い路地裏なども走ることが出来るので、街乗りには適しています。そのため、軽自動車を選ぶ人がとても多くなっているのです。
また、駐車場のスペースもあります。自宅の駐車場が狭く、もう1台停めるには軽自動車しか停められないという場合もありますし、外出した時も軽自動車のみ停められる駐車スペースがあります。このような場合、軽自動車の方が便利になるでしょう。

 


コメントを受け付けておりません。