軽自動車と普通自動車の違い

軽自動車と普通自動車の違いについて

パワーが弱くスピードが乗るまで時間がかかる


軽自動車のデメリットの一つとして多くの方が指摘する事柄の一つに、パワーが弱くスピードが乗るまで時間がかかるということがあります。現在軽自動車の排気量は660㏄未満と規定されています。かつては550cc、あるいは360ccという制限が科されていました。技術の進歩と各メーカーの創意工夫によって、こうした排気量制限にもかかわらず、軽自動車の高性能化は進められてきたのですが、どうしてもそのエンジンの小ささゆえに、加速力は一般車に比べて劣ってしまいます。同時に積載重量にも制限がありますので、カサはともかくとして重量物を運ぶ場合には制限があり、また制限いっぱいのものを運んだ場合には特に登坂性能が低くなってしまうことも否めません。このため急な坂道が多い地域にお住まいの方や、高速道路を多く利用される方には軽自動車は向いていないかもしれません。ただし、加速性能や登坂性能、そして積載性が問われないような用途であるならば、逆に軽自動車は非常にリーズナブルな選択だとも言えるでしょう。日常の利用の中で軽自動車はそのデメリットよりもメリットを感じられることの方が多いのではないだろうかと考えます。次の一台をお探しの方は軽自動車もその選択候補の一つに挙げてみてはいかがでしょうか。


コメントを受け付けておりません。