軽自動車と普通自動車の違い

軽自動車と普通自動車の違いについて

軽自動車の特色


軽自動車の特色と言って最初に挙げられることは維持費の安さでしょう。車両価格は勿論のこと重量税や自動車税、保険料などについても普通車のそれとは価格が違います。また燃費も車体の重量が比較的軽いことがあり燃費が良い車もあります。排気量が最大でも660ccなので燃費もそれなりに良く燃料の維持費も安定出来ます。
このことから自家用車の利便性の高い地方では、個人が通勤や買物などの利用のために一世帯につき複数台の自動車を所有することもあります。この時にコストを抑えるためセカンドカー以降の自動車に選ばれたりする例も多いです。
他には車体の小ささから取り回しが容易に行えて、狭い道での離合も容易に行えるといった特色があります。またそれまでは車種にも限りがありましたがハイトールワゴンが出現したことにより、絶大な人気を誇るようになり、それ以降はセダンやハッチバック、SUV車などと車種も多岐にわたり、ユーザーが好みの型を選びやすくなってきました。これによって以前にも増して市場や道路上を走行する車には普通車と並んで軽もさまざまな車種が増えていきました。使用者は女性や高齢者が多く運転のしやすい車として認知されています。


コメントを受け付けておりません。