軽自動車と普通自動車の違い

軽自動車と普通自動車の違いについて

軽自動車のメリットは


軽自動車には、購入費が安いという以外にも様々なメリットがあります。
まず、各種維持費が自動車の中で最も安いです。自動車税の増税によって他のタイプとの差が小さくなりましたが、それでも最も税金が安いです。燃費も良く、ガソリン代が節約できます。高速道路などの有料道路も安く利用できます。保険料や車検費用も安くなっています。タイヤなどの消耗品も安く、これらの維持費の安さから軽自動車を選ぶ人も多いです。
また、車体が小さいため取り回しがしやすく、狭い車庫にも入れやすいです。日本では路地や山道など細い道も多いため、運転が苦手な人でも扱いやすいです。商業施設の駐車場などの用意されている軽自動車専用の駐車スペースを利用することもできます。
排気量が少ないため、普通車などと比較すると馬力が弱くなりますが、近年ではターボモデルの軽自動車も多く、これによって馬力の不足を補えるようになっています。
地域によって異なりますが、自動車を購入する際に必要となる警察署で車庫証明の手続きをしなくても良い場合があり、手間を省けます。
軽自動車は寸法の制限によって狭いという印象がありますが、室内空間を広く作っている車種もあり、それほど気になりません。
売却する際にも、需要が高いため比較的高い値段が付きます。


コメントを受け付けておりません。