軽自動車と普通自動車の違い

軽自動車と普通自動車の違いについて

軽自動車の規格・大きさについて


生活していくうえで必要となるのが移動手段です。
近くの場所なら徒歩、もう少し遠くなら自転車もっと遠くならマイカーか公共機関を利用するのどちらかを選ぶことになります。
都会とかなら公共機関も発達しているのですがそうではないところだと乗用車は必需品です。
一口に乗用車とはいっても大きなものから小さなものまでいろいろあります。また、その大きさによってナンバープレートや税金などが異なります。当然、小さい車ほどこうした面での費用が少なくなっていきます。
一般的に使われる車で一番小さい車といえば軽自動車です。最近の軽自動車はとてもよくできていて小さくても快適な空間を維持しています。知ってる方は知っていると思いますがこの軽自動車の大きさって規格で決められているんです。
それぞれの寸法は長さ3.4m以下、幅1.48m以下、高さ2.0m以下となっています。
普通車と比較するとやはり小さいですね。そのサイズの小ささをカバーするためにデザインはなんとなくずんぐりとした形のものが大半です。又、パワーユニットであるエンジンの排気量は現在は660cc以下になっています。
実はこれ相当昔は360ccそれが550ccと大きくなりそして現在に至ります。
これはパワー不足を補うため車体重量を軽くするそうすると安全面で問題があるといった背景から大きくなっていきました。

 


コメントを受け付けておりません。