軽自動車と普通自動車の違い

軽自動車と普通自動車の違いについて

軽自動車のデメリットについて


軽自動車は車体本体の価格が安かったり、維持費も安くできるといったようなメリットがある半面でデメリットもあります。それは、走行時の快適性といったところです。
これは、走ってみるとわかりますが、軽自動車は車体が軽く出来ているので、車の振動が直接的に体に伝わってきます。そのため、長期的なドライブなどをするにはちょっと厳しいといったところがあります。
もっとも、これは普通車と比較してのことですし、最近の軽自動車は非常に高性能で、こういった面もかなり改善されてきているので、今はかなり走行時の快適性は上がっているといってもいいでしょう。ただ、普通車もどんどんと快適性は上がっているので、普通車レベルまではいかないというだけのところです。乗って比較をしてみたり、長期ドライブをしてみたりしなければわからないレベルといってもいいでしょう。
そして、荷物や人を多く載せられないといったことがあります。これは、車体本体が小さくできているのですから当然ですが、多くの荷物はのせられません。そして、がたいの大きな人にとっては窮屈に感じやすいといったこともいえるでしょう。軽自動車は軽くするために小さくなっていますから、これも仕方のないところでしょう。


コメントを受け付けておりません。