軽自動車と普通自動車の違い

軽自動車と普通自動車の違いについて

パワーが弱くスピードが乗るまで時間がかかる


軽自動車のデメリットの一つとして多くの方が指摘する事柄の一つに、パワーが弱くスピードが乗るまで時間がかかるということがあります。現在軽自動車の排気量は660㏄未満と規定されています。かつては550cc、あるいは360ccという制限が科されていました。技術の進歩と各メーカーの創意工夫によって、こうした排気量制限にもかかわらず、軽自動車の高性能化は進められてきたのですが、どうしてもそのエンジンの小ささゆえに、加速力は一般車に比べて劣ってしまいます。同時に積載重量にも制限がありますので、カサはともかくとして重量物を運ぶ場合には制限があり、また制限いっぱいのものを運んだ場合には特に登坂性能が低くなってしまうことも否めません。このため急な坂道が多い地域にお住まいの方や、高速道路を多く利用される方には軽自動車は向いていないかもしれません。ただし、加速性能や登坂性能、そして積載性が問われないような用途であるならば、逆に軽自動車は非常にリーズナブルな選択だとも言えるでしょう。日常の利用の中で軽自動車はそのデメリットよりもメリットを感じられることの方が多いのではないだろうかと考えます。次の一台をお探しの方は軽自動車もその選択候補の一つに挙げてみてはいかがでしょうか。


車高が高く車両重量が軽いので安定性に欠ける傾向


軽自動車は燃費が良くランニングコストも安くつくので、非常にメリットが多い反面、デメリットもあります。その一つは車高が高く車両重量が軽いので安定性に欠ける傾向にあることです。軽自動車は法令上、ホイールベースやトレッドに制限が課されていて、軽自動車ではない場合に比べてどうしても底面積が低くなってしまいます。そのために必然的に重心が高くなってしまいます。また一般車に比べて車体自体が小さいこともあってその重量は軽くなります。こうした小型性が燃費の良さにもつながっているわけですが、逆に高重心かつ軽量であるためにカーブでのふらつきが目立ったり、高速走行時の横風を受けてのふらつきが多いという欠点があります。特に足回りを中心として各メーカーの技術開発が進んだことで、従来に比べてかなり改善されてきてはいるものの、こうしたスタビリティの低さは軽自動車のメリットとしてはやはり無視できないものです。しかし通常の速度域であれば安全性には何ら問題なく走行できますので、日常の使用においてはまったく問題のないレベルのことに過ぎません。今後なお一層軽自動車の性能の新可児は注目していくべき価値が秘められていると思います。


軽自動車のデメリットについて


軽自動車は車体本体の価格が安かったり、維持費も安くできるといったようなメリットがある半面でデメリットもあります。それは、走行時の快適性といったところです。
これは、走ってみるとわかりますが、軽自動車は車体が軽く出来ているので、車の振動が直接的に体に伝わってきます。そのため、長期的なドライブなどをするにはちょっと厳しいといったところがあります。
もっとも、これは普通車と比較してのことですし、最近の軽自動車は非常に高性能で、こういった面もかなり改善されてきているので、今はかなり走行時の快適性は上がっているといってもいいでしょう。ただ、普通車もどんどんと快適性は上がっているので、普通車レベルまではいかないというだけのところです。乗って比較をしてみたり、長期ドライブをしてみたりしなければわからないレベルといってもいいでしょう。
そして、荷物や人を多く載せられないといったことがあります。これは、車体本体が小さくできているのですから当然ですが、多くの荷物はのせられません。そして、がたいの大きな人にとっては窮屈に感じやすいといったこともいえるでしょう。軽自動車は軽くするために小さくなっていますから、これも仕方のないところでしょう。


車両本体価格のほか維持コストも安い


軽自動車は車両本体価格のほか維持コストも安いというのが大きなメリットです。車の値段に目が行ってしまいがちですが、そういったところも考えていくと軽自動車の魅力はさらに大きなものになっていきます。
車の維持費というのは実はかなりかかるものです。人によっては車体本体の値段よりも重視する人もいるぐらいです。どのようなものがやすくなっていくのかといいますと、まずは重量税が安くなっています。重量税は毎年かかってくるものですし、車によっては万単位で違ってきますからこれも重視すべきでしょう。そして、保険料も変わってきます。軽自動車は普通車よりも軽くなっていますから、その分だけ車の危険度は少なくなっていくわけです。ですから、保険料もかなり変わってきます。もちろん、保険の内容によって保険料は違いますから、どれだけ安くなるといったことはいえませんが、同じような補償内容で普通車と比較をすれば、断然軽自動車の方が保険料は安くなっています。
さらには、ガソリン代といったものも安くなります。軽自動車は燃費がいいですから、こういったところでもかなり車にかかる維持費は変わってきます。こういったものを考えていくと軽自動車の魅力がいかに大きなものかがわかります。


車体が小さく小回りが効く


軽自動車のメリットの第一と言えば何といってもその車体が小さいことであり、それがゆえに取り回しが非常に良いということです。特に車両感覚を掴むことが苦手なドライバーにとってはありがたい存在ではないでしょうか。一般車と比べて軽自動車は一回り以上車体サイズが小さく設計されています。一方で運転席の高さは一般車とそれほど大きく変わりませんから、イメージとしては運転席に座ると4つの車輪のすべての位置が把握できるという感覚になります。ショッピングセンターの立体駐車場や、大都会の真ん中の路地裏など、現代社会には車の敵とも言うべき隘路がそこかしこに溢れておりますが、軽自動車であればこうした狭い道もすいすいと文字通り縫うように走ることが可能です。この使い勝手の良さは、初心者ドライバーのみならず、車好きのベテランドライバーも認めるところです。確かにボディが大きく安定した走りができ、高出力のエンジンを搭載した車も魅力的ですが、正直、こうした車は取扱いに気を使い、その性能を最大限に発揮できるような道路は本当に限られています。街中ではせっかくの数百馬力を生かす機会はほとんどゼロなのです。しかし軽自動車は違います。運転の楽しさをダイレクトに伝えてくれるのです。軽自動車のボディサイズは非常に魅力的なのです。


軽自動車のメリットは


軽自動車には、購入費が安いという以外にも様々なメリットがあります。
まず、各種維持費が自動車の中で最も安いです。自動車税の増税によって他のタイプとの差が小さくなりましたが、それでも最も税金が安いです。燃費も良く、ガソリン代が節約できます。高速道路などの有料道路も安く利用できます。保険料や車検費用も安くなっています。タイヤなどの消耗品も安く、これらの維持費の安さから軽自動車を選ぶ人も多いです。
また、車体が小さいため取り回しがしやすく、狭い車庫にも入れやすいです。日本では路地や山道など細い道も多いため、運転が苦手な人でも扱いやすいです。商業施設の駐車場などの用意されている軽自動車専用の駐車スペースを利用することもできます。
排気量が少ないため、普通車などと比較すると馬力が弱くなりますが、近年ではターボモデルの軽自動車も多く、これによって馬力の不足を補えるようになっています。
地域によって異なりますが、自動車を購入する際に必要となる警察署で車庫証明の手続きをしなくても良い場合があり、手間を省けます。
軽自動車は寸法の制限によって狭いという印象がありますが、室内空間を広く作っている車種もあり、それほど気になりません。
売却する際にも、需要が高いため比較的高い値段が付きます。


軽自動車の規格・大きさについて


生活していくうえで必要となるのが移動手段です。
近くの場所なら徒歩、もう少し遠くなら自転車もっと遠くならマイカーか公共機関を利用するのどちらかを選ぶことになります。
都会とかなら公共機関も発達しているのですがそうではないところだと乗用車は必需品です。
一口に乗用車とはいっても大きなものから小さなものまでいろいろあります。また、その大きさによってナンバープレートや税金などが異なります。当然、小さい車ほどこうした面での費用が少なくなっていきます。
一般的に使われる車で一番小さい車といえば軽自動車です。最近の軽自動車はとてもよくできていて小さくても快適な空間を維持しています。知ってる方は知っていると思いますがこの軽自動車の大きさって規格で決められているんです。
それぞれの寸法は長さ3.4m以下、幅1.48m以下、高さ2.0m以下となっています。
普通車と比較するとやはり小さいですね。そのサイズの小ささをカバーするためにデザインはなんとなくずんぐりとした形のものが大半です。又、パワーユニットであるエンジンの排気量は現在は660cc以下になっています。
実はこれ相当昔は360ccそれが550ccと大きくなりそして現在に至ります。
これはパワー不足を補うため車体重量を軽くするそうすると安全面で問題があるといった背景から大きくなっていきました。

 


セカンドカーに軽自動車を購入する例が多い理由


セカンドカーを購入する人は、軽自動車を選ぶことがとても多いです。では、その理由はどのようなものなのでしょうか。
まず、税金のことがあげられます。毎年、自動車は税金を払っていかなければいけません。しかし、軽自動車は普通の自動車に比べると、税金が安くなるのです。そのため、維持費を少しでも減らすために、軽自動車を選ぶことがあります。
また、オイル交換などの修理の時にも、普通の自動車に比べると安くあがるため、維持費自体がとても安くなります。その他、購入する時の値段が比較的安いです。
また、軽自動車は小さめの車であるため、小回りがききやすいということもあります。セカンドとしての車であれば、家族の送り迎えや買い物などが主な利用方法となるため、街乗りがとても多いです。小回りがききやすい車の方が、細い路地裏なども走ることが出来るので、街乗りには適しています。そのため、軽自動車を選ぶ人がとても多くなっているのです。
また、駐車場のスペースもあります。自宅の駐車場が狭く、もう1台停めるには軽自動車しか停められないという場合もありますし、外出した時も軽自動車のみ停められる駐車スペースがあります。このような場合、軽自動車の方が便利になるでしょう。

 


軽自動車の特色


軽自動車の特色と言って最初に挙げられることは維持費の安さでしょう。車両価格は勿論のこと重量税や自動車税、保険料などについても普通車のそれとは価格が違います。また燃費も車体の重量が比較的軽いことがあり燃費が良い車もあります。排気量が最大でも660ccなので燃費もそれなりに良く燃料の維持費も安定出来ます。
このことから自家用車の利便性の高い地方では、個人が通勤や買物などの利用のために一世帯につき複数台の自動車を所有することもあります。この時にコストを抑えるためセカンドカー以降の自動車に選ばれたりする例も多いです。
他には車体の小ささから取り回しが容易に行えて、狭い道での離合も容易に行えるといった特色があります。またそれまでは車種にも限りがありましたがハイトールワゴンが出現したことにより、絶大な人気を誇るようになり、それ以降はセダンやハッチバック、SUV車などと車種も多岐にわたり、ユーザーが好みの型を選びやすくなってきました。これによって以前にも増して市場や道路上を走行する車には普通車と並んで軽もさまざまな車種が増えていきました。使用者は女性や高齢者が多く運転のしやすい車として認知されています。